【Ado】18歳。天才歌い手を徹底解説【うっせぇわ】

歌い手
スポンサーリンク

突然ですが、あなたは歌い手のAdo(アド)さんをご存じですか?ボッカデラベリタなどの歌ってみたで最近有名な方です。今回は、彼女についてまとめてみましたので、ぜひ最後までご覧ください!

Adoさんの新曲「ギラギラ」の感想はこちら!

スポンサーリンク

YouTubeでAdoさんの「歌ってみた」を聞いてみた

感情をぶつけるようなかっこいい声が特徴的です。

また、一曲の中でも、まるで3人ぐらいで歌ってるかのように次々と人格が変わります。にらみつけるような低い声、セクシーな声、強い主張をするような印象的なシャウトなどがあります。

【Ado】ボッカデラベリタ 歌いました

歌い手「Ado」はどんな人物?調べてみた

年齢や職業について

Adoさんは現在(2020年12月)18歳の現役高校生ですえ、この色気のある大人の歌声で!?と驚いてしまいました。

ですが、激しく感情をぶつけるような歌い方は、若いからこその力強さ、いい意味での不安定さとも言えます。

一般に人気のある曲の声よりも、心に突き刺さるような歌声ですよね。

また、2020年10月にはユニバーサルミュージックからメジャーデビューしています!17歳でメジャーデビューなんて本当にすごいですよね!!

個人的には、「若さ」「大人っぽさ」「注目度」という観点から、ぼくのりりっくのぼうよみさんを思い出しました。

周りに負けず、ずっと素敵な歌声を聞かせてほしいですね。

大注目楽曲「うっせぇわ」

デビューデジタルシングルである、「うっせぇわ」

なんとYouTubeの再生回数は、現在1000万回越えと爆発的に伸びております。今世間が大注目していることがわかりますね!

【Ado】うっせぇわ

なんと迫力のある歌声なのでしょうか。

コメント欄でも、歌声を称賛するコメントや、17,8歳という若さに驚く声がたくさん寄せられています。

同じ18歳の天才ミュージシャン「Kanaria」についてはこちら

この曲、まさにAdoさんが歌うのにぴったりな曲ですよね。「周りの奴らとは自分は違うの」という強い意志が感じられ、とっても共感できますよね。

この曲の強いメッセージ性が、Adoさんの歌声によってさらに高まります。

この曲に限らず、「うっせぇわ」作曲者であるsyudouさんの曲は、Adoさんにすごくよくマッチしています。

独特の世界観で大人気!「コールボーイ」など神曲連発の「syudou」についてはこちら

「うっせぇわ」はまふまふさんや天月さんなどの有名な歌い手にカバーされているので、更に有名になっていくことが予想されます。

歌い手Adoの歴史

歌い手としての活動を始めたのは2017年。当時まだ中学生だそうです。

金木犀 feat.Ado (Official Video)

シティポップ系の楽曲ですね!都会的おしゃれコード×哀愁×キラキラ感。

くじらさんはこのようなお洒落な素敵な曲を書いている方です。今で言うとヨルシカさんのような、それより少し静かな雰囲気です。

ボーカロイドのFlowerに歌わせたバージョンも素敵です!

しかしこの時から、かなり大人の声ですね。なぜ中学生でこの曲の哀愁を表現できるのでしょうか。

数人歌っているように感じるのもこの時からですね!

今回は、大注目の高校生歌い手のAdoさんについてまとめました。最後までご覧くださりありがとうございました!

Adoさんの「うっせぇわ」はこちらから!

  

Adoさんの新曲「ギラギラ」の感想はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました