【KING GNU】新曲「泡」のMVについて

レビュー
スポンサーリンク

映画「太陽は動かない」のテーマ曲が、本日ついにMVとしてYouTubeに公開されました!

「Vinyl」でKING GNUを知り、その後4回もライブに足を運ぶほどのファンである私が、この新曲を解説します!

King Gnu – Vinyl
スポンサーリンク

映画「太陽は動かない」について

藤原竜也さんと竹内涼真さんが、最強の相棒となってミッションをこなしていく物語です。

サスペンス要素と、二人の大迫力アクションで、大興奮間違いなしです。

「泡」について

この曲は、もともとKING GNUの前身バンドである「Srv.Vinci」の頃に作られた曲だそうです。

たくさんのアルバムやタイアップで楽曲制作に思うように時間を掛けられなくなり始めた常田さん。

そのような理由もあり、過去の曲をもう一度再現しようということになったそうです。

ゆったりしたリズム、たくさん重なった声が心地よいです。

井口さんより常田さんの声がよく聞こえます。

そんな落ち着くサウンドの中にも、歌詞には哀愁が詰め込まれており、ゆっくりと綺麗に悲しみを覚える感覚が味わえます。

King Gnu – 泡

ダンス

この映像のみどころは、なんといっても森山未來さんのダンスですよね。

サビの、水中で舞っているシーンが大好きです。

迫力のある美しさから、大切な人を失った苦しみが伝わってきて鳥肌ものです。

その後、陸に引き上げられたあとに、女性の幻想にひざまずくところも好きです。

どうしたら演技であんな表情ができるのでしょうか。。。

カメラまでしっかり迫力を伝えながらも、繊細な心の内まで表現されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました